ダイアパレス関屋 新潟市の新築マンション。新潟交通バス停「金衛町2丁目」徒歩3分。

  • 物件概要
  • 現地案内図
  • 資料請求
  • 来場予約

暮らしを守る安心の数々。見えないところからしっかりと支える。暮らしを守る安心の数々。見えないところからしっかりと支える。

高い強度のコンクリート

「ダイアパレス関屋」ではコンクリートの設計基準強度を約30〜36N/㎜2(1㎡あたり3,000〜4,200トン程度の圧縮に耐える強度)としました。この強度は、適切なかぶり厚、水セメント比を50%以下などの対策を組み合わせることにより、実現した高耐久・高品質のコンクリートです。

コンクリートの耐久性を高めるために、水セメント比を50%以下に設定しています。このことでコンクリートの中性化を抑え、さらにひび割れも起きにくく、腐食性物質の侵入を抑制することができます。
※水セメント比とは、セメント量に対する使用水量の重量比。数値が小さいほど強度が大きく、劣化しにくいコンクリートです。

コンクリートのかぶり厚

「ダイアパレス関屋」では、建築基準法の規定のかぶり厚に+10mmで設計しています。鉄筋を覆うコンクリートの厚さが大きいほど、中性化が鉄筋まで達する時間を少しでも長くすることができるので、耐久性が高まります。

ダブル配筋

鉄筋コンクリート造の耐震壁の鉄筋は二重に配筋しました。シングル配筋に比べ強い構造強度も得ています。
※一部除く

溶接閉鎖型帯筋

溶接閉鎖型帯筋は従来の工法と異なり、溶接による安定した強度の確保によって地震時の主筋のはらみ出しを抑制して、揺れに対しても粘り強い柱を実現するように配慮しています。 ※一部除く

杭基礎

地中深くに支持層がある場合に、強固な杭を構築して建物を支える工法。所定深度まで掘削した後、高強度の既成コンクリート杭をこの掘削孔に建て込み先端及び周囲にセメントミルクを流し込んで硬化させて、支持層まで埋め込む杭です。

外壁・界壁

外部に面する外壁の壁厚(コンクリート)は約170㎜〜180㎜を確保。隣り合う住戸間を区切る界壁(コンクリート)は約180㎜〜250㎜。各住戸のプライバシーに配慮しています。

内廊下

廊下が建物内にあるので雨や雪など天候の影響がなく、砂やほこり、虫などの舞い込みを防ぎます。また、玄関の出入りの際のプライバシーが守られ、外部からの侵入が制限されるためセキュリティ面での安心感があります。

階高約3m以上

階高約3.065〜3.265mを確保したことで、リビング(一部居室)の天井を約2.54m〜約2.59mの高い室内空間を実現しました。

二重床・二重天井仕上

配管・配線等のメンテナンスのしやすさを考慮し、二重床システム(LL-40認定)・二重天井構造を採用しました。

床先行工法

床を先に施工し、その上で間仕切り壁を立てる工法です。リフォームなどで間仕切り壁の撤去を行う際、容易に施工することができます。

アウトフレーム設計

リビング・ダイニングに柱の張り出しがなく、家具等のレイアウトの自由度が上がります。また、室内の大梁の出っ張りも少なくなり、頭上のすっきりとした空間が実現します。※バルコニー側のみ。

住戸内フルフラット設計

住戸内の床段差を解消するフルフラット設計を採用(玄関、上り框段差及びバルコニー等の出入り部分を除く)。浴室出入口や廊下から各居室への出入口にいたるまで床段差の排除に努め、住戸内の転倒事故防止や掃除機の移動など清掃のしやすさに配慮しています。

断熱材

外壁は厚さ約170㎜〜180㎜のコンクリートの内側に厚さ35㎜の断熱材を施し、屋根は厚さ約200〜210㎜のコンクリートの外側に厚さ60㎜の断熱材を施すことにより断熱性を高めました。

ペアガラス

2枚のガラスの中間に確保された中空層によって大きな断熱効果を発揮。また室内側のガラス表面温度が下がりにくいので、結露防止にも効果的です。

防音サッシ

外窓に使っているアルミサッシには、JIS規格のT-2等級の遮音性能を持つサッシを採用(一部除く)。T2等級とは、500Hzより上の周波数(中高音域)の外部からの音を、約30dB遮断する性能を持つサッシです。

「設計住宅性能評価書」を取得

国が指定した第三者評価期間が共通ルールに基づいて評価する「設計住宅性能評価書」を取得しています。さらに、工事中・完成時に検査を受け「建設住宅性能評価書」を取得する予定です。

MAINTENANCE & MANAGEMENT

住戸外パイプシャフト採用で将来のメンテナンスが容易に 〈維持管理対策等級3〉 (共用配管・専用配管)

資料請求
来場予約
関屋エリアガイド

※掲載の写真は「ダイアパレス関屋」のマンションギャラリーを撮影したもの、およびメーカーからの参考写真・イメージイラストで、一部設備・仕様等異なる場合があります。また、家具・調度品・オプション等は販売価格に含まれておりません。